市議会議員選挙

君津市議会議員選挙 結果速報と開票結果2019 当選者 立候補者の情勢予想も

こちらの記事では2019年9月22日に投開票となった千葉県、君津市議会議員選挙(君津市議選)の開票速報・開票結果・立候補者名一覧情報・当選者落選者についてご紹介しています。

君津市議会議員選挙2019の選挙戦の情勢などについてもご紹介していきますので、参考にしてください。

君津市市議会議員選挙2019|開票速報と開票結果・当選者一覧

君津市市議会議員選挙2019の開票結果は地元自治体やNHKなどの開票速報が発表され次第随時こちらに記載していきます。

氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
下田 剣吾 38 無所属 市議会議員
しもだ けんご
石上 塁 46 無所属 会社員
いしがみ るい
小林 喜久男 72 無所属 市議会議員
こばやし きくお
高橋 明 68 無所属 自営業
たかはし あきら
鴨下 四十八 66 無所属 無職
かもした よそはち
奈良輪 政五 71 無所属 農業
ならわ せいご
須永 和良 42 無所属 農業
すなが かずよし
鈴木 高大 47 無所属 自営業
すずき たかひろ
船田 兼司 40 無所属 会社役員
ふなだ けんじ
村上 幸人 55 無所属 無職
むらかみ ゆきひと
佐藤 葉子 50 公明 市議会議員
さとう ようこ
加藤 喜代美 46 無所属 会社役員
かとう きよみ
鴇田 剛 72 無所属 農業
ときた たけし
宇野 晋平 29 無所属 会社員
うの しんぺい
鈴木 良次 69 無所属 会社役員
すずき りょうじ
磯貝 清 61 無所属 会社員
いそがい きよし
野上 慎治 62 公明 党支部役員
のがみ しんじ
保坂 好一 55 無所属 自営業
ほさか よしかず
松本 裕次郎 46 無所属 会社員
まつもと ゆうじろう
三浦 章 65 無所属 会社役員
みうら あきら
橋本 礼子 66 無所属 無職
はしもと れいこ
高橋 健治 56 公明 無職
たかはし けんじ
三浦 道雄 73 共産 政党役員
みうら みちお
小倉 靖幸 59 無所属 自営業
おぐら やすゆき
仲道 誠治 61 無所属 会社役員
なかみち せいじ

君津市議会議員選挙2019|立候補者と選挙戦の情勢

今回の君津市議会議員選挙には、定数22に対して25人が立候補しました。

党派別、新旧別の内訳は以下の通りです。※()内は女性

 

現職 元職 新人
公明党 2(1) 0(0) 1(0) 3(1)
共産党 1(0) 0(0) 0(0) 1(0)
無所属 15(2) 2(0) 4(0) 21(2)
合計 18(3) 2(0) 5(0) 25(3)

 

現職18名、元職2名、新人5名の戦いとなりました。

党派別では、公明3、共産1、無所属21で、女性候補は3名となっています。

 

前回2015年の君津市議会議員選挙は定数24名に対し26名が立候補し、現職18名、元職1名、新人5名が当選しました。

 

党派別では公明3、自民2、共産1、無所属18で、女性の当選者は4名、投票率は58.07%でした。また、最下位当選者の得票は982票、次点は779票でした。

参考:2015年君津市議会議員選挙の開票結果

結果 得票数 氏名 党派
3739 下田 剣吾 無所属
2436 佐藤 葉子 公明
2211 榎本 貞夫 公明
2156 加藤 喜代美 無所属
1969 野上 慎治 公明
1965.734 三浦 道雄 共産
1964 平田 悦子 無所属
1913 磯貝 清 無所属
1895 石上 塁 無所属
1644 須永 和良 無所属
1638 小倉 靖幸 無所属
1577 真木 好朗 無所属
1532.564 高橋 明 無所属
1483 安藤 敬治 無所属
1411.7 三浦 章 無所属
1363 小林 喜久男 無所属
1336 松本 裕次郎 無所属
1227 船田 兼司 自民
1191 鴇田 剛 無所属
1189 保坂 好一 無所属
1164 池田 文男 自民
1043 橋本 礼子 無所属
1012 鈴木 良次 無所属
982 奈良輪 政五 無所属
779 村上 幸人 無所属
494 立山 雅典 無所属

 

前々回2011年の同市議選は、定数24名に対し26名が立候補し、現職17名、新人1名が当選しました。

 

党派別では、公明党3、共産党1、自民党1、民主党1、無所属18で、女性の当選者は2名、投票率は59.33%でした。また、最下位当選者の得票は1025票、次点は1019票でした。

 

今回の2019年同市議選は、定数が2削減となっているため、投票率や得票の集中・分散の程度により変動するものの、当選ラインはやや上昇し1050~1100票程度となる可能性があります。

千葉県君津市の特徴や抱える課題

君津市の特徴

君津市は、千葉県南部に位置する面積318.81平方キロメートル、人口約8万2000人の都市です。

 

東京湾アクアラインを経由した都心からのアクセスに恵まれており、市の東京湾沿いは粗鋼生産量日本第2位の日本製鐵君津製作所を中心とした重工業地域にもなっています。

 

また、鹿野山の雄大さや、四季を通じてアウトドアを楽しめる亀山湖など、豊かな自然にあふれた市でもあります。

 

さらに、内陸部の久留里地区は、江戸時代に久留里藩の城下町として栄えた歴史的街並みに加え、環境省選定の平成の名水百選「生きた水・久留里」にも選ばれた名水の町という側面を持ちます。

 

これら様々な資源を有する君津市は、市自前の財政力が極めて高い町としても知られています。

君津市の課題

君津市の人口は、1995年の94,0081人をピークに減少に転じ、2000年には老齢人口が年少人口を上回り、以降も人口減少並びに少子高齢化がますます進んでいます。

 

また、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、君津市の人口は2040年には 約6万5000人、2060年には約4万7000人にまで減少すると見込まれています。

 

したがって、君津市にとって人口減少や少子高齢化への対応が急務であり重要な課題となっています。

 

このような状況の中、君津市は君津市総合計画において、目指すべき将来都市像を「人が集い 活力あふれる 健康都市 きみつ ~夢と誇りの持てるまち~」と定義した上で、以下5点の基本目標を設定し市政を運営しています。

 

基本目標1:ともに支え合い健やかに暮らせるまち

■明るく充実した生活を送るためには心身ともに健康であることが必要なことから、市民が生涯健康で過ごせるための取組みを進めます。

■子どもから高齢者まで、すべての市民がともに支え合い、住み慣れた環境でいききと暮らせるまちを目指します。

 

基本目標2:安全安心に暮らせる自然と共生するまち

■安全な生活環境を確保するために、その実現に向けたハード・ソフト両面の取組みを推進することで、誰もが安全安心に暮らせるまちを目指します。

■自然を保全し、環境への負荷が少ない資源循環型社会への転換を更に進めることで、自然と共生するまちを目指します。

 

基本目標3:地域の力で築く活力あふれるまち

■本市は、豊かな自然環境、これまでに築き上げてきた都市基盤、都心へのアクセスの便利さ、世界有数の規模を誇る製鉄所など、数多くの強みを有しています。

■これらの強みを含めた地域の力を結集し、活気のある産業の振興と雇用の創出、住みやすい都市基盤の充実を図ることにより、活気あふれるまちを目指します。

 

基本目標4:豊かな学びと文化が人を育むまち

■生涯にわたって自ら学び、自己を高めることによって、人は充実した人生を送ることができます。

■市民が全てのライフステージで主体的に学ぶことができる環境を整備するとともに、伝統ある地域文化を継承させ、更には新たな君津文化を創造していくことを通じて、市民一人ひとりが成長できるまちを目指します。

 

基本目標5:市民とともの市政を推進するまち

■日々変化する社会経済情勢と多様な市民ニーズに対応していくためには、より効果的・効率的な行財政運営を推進するとともに、市民と行政が確かな信頼関係のもとで、役割を分担していくことが必要です。

■開かれた市政と、市民や各種団体が主体的に参加できる市民協働のまちづくりを推進し、市民から信頼される市政を目指します。

 

今回の君津市議会選挙は、台風15号による被害が大きい中、復興のためにも市議会の空白を避けるべく強行するような形となりますが、従来認識されてきた人口減少という課題に加え災害への備えという課題が浮き彫りになったことは間違いないでしょう。

 

君津市議会議員に選出される議員には、これら君津市の直面する課題に真摯に向き合い、市長や行政との協力のもと君津市の発展に資する働きを期待したいところです。

2019年君津市議会議員選挙の日程や期日前投票情報など

  • 告示日:2019年9月17日
  • 投票日:2019年9月22日
  • 開票日時:即日開票
  • 開票場所:
  • 期日前投票(期間):2019年9月18日~9月21日 午前8時30分~午後8時まで
  • 期日前投票(投票場所):